万が一のトラブルに備えて!データ復旧業者に依頼するメリット

消失時の対応

パソコン

情報の取り扱い

企業では、様々な資料を作成したり、システムにより情報が生成されるなど様々なデータを取り扱うことが一般的となっている。これらのデータについては、ハードディスクやサーバー上などに格納され管理されるが、どのデータが消失してしまうことがある。ファイルサーバーなどで管理されているデータについては、自動的にバックアップが取られていることが通常である。その為、データの読み出しができなくなった場合でも、バックアップメディアから復旧できることが多い。しかし、社員個人のパソコンに入っているデータなどではバックアップされていない場合もある。また、サーバー上に格納されているファイルなどでもバックアップしていないことがある。これらのデータが消失してしまった場合には、特殊なソフトなどを活用しないと復旧できなくなる。その為、このようなケースにおいては、業者に依頼して復旧してもらわなければならないこともある。業者に依頼して復旧する場合、業者選びなどにおいて注意すべきことがある。企業が扱う情報については、外部に漏れることで問題となる場合がある。その為、依頼する業者の信頼度が最重要になる。復旧を業者に依頼する場合には、情報取り扱いについての認証を受けている会社であるかなどを確認した上で依頼する必要がある。また、業者によっては復旧できないデータでも、別の業者では復旧できるケースがある。その為、確実に復旧したい場合にはいくつかの業者に依頼することもポイントになる。

おすすめ記事一覧

婦人

適切な障害対応とは

データ復旧を依頼する際、事前に電話や電子メールで相談や問い合わせを行ったり、見積依頼を出したりすることで、どの業者に依頼するのかを比較検討する必要があります。また、復旧依頼したデータの中から復旧出来た分を料金の対象としていますので、無駄な費用を掛けずに済みます。

HDDと人形

社内機密と情報復元

データ復旧のサービスは企業のいち早い業務再建や収益性に大きな影響を与えます。このことから大量なデータを保有する企業ほど技術力の高い専門業者に作業を依頼し、短期間で情報を復元してもらうことが必要になるのです。