微笑む看護婦達

更年期と戦おう

更年期障害は、ホルモンバランスが崩れてくる40代から50代頃にかけて発症します。多くの人が感じる症状として、ホットフラッシュと呼ばれるほてりやのぼせ、動悸、むくみ、頭痛、食欲不振、しびれなどがあります。更年期障害は、神経系や消化器系、泌尿器系、皮膚などに様々な症状が起こる病気です。体全体に不調を感じます。

この症状が起こる原因は、ホルモンバランスの乱れにあります。ホルモンバランスは、体内で形成されるエストロゲンによってバランスが保たれています。しかし、年齢を重ねるにつれ、エストロゲンは分泌が鈍くなります。その為、ホルモンバランスが乱れて、症状が引き起こされるのです。

治療方法は、大きく分けて3つに分けることが可能です。その3つの治療方法とは、ホルモン補充療法と漢方薬治療、抗うつ薬や抗不安薬による治療です。これらの治療方法は、平行して行なわれる場合もあります。どの治療方法も、保険が適応されているので安心して通院することが可能です。

更年期障害は、男性にも起こります。男性の場合も、女性の場合と同様に、ホルモンバランスが崩れる事で起こります。男性特有の症状の中には、性機能の低下が挙げられます。他の症状には、だるさや不眠、うつ、集中力の低下があります。男性の更年期障害は、女性の更年期障害と比べて世間に認知されていません。万が一、症状に心当たりがある場合は、医療機関へ相談に行くことが最適です。

男性にも起こる病気

一昔前までは、更年期障害といえば女性の病気として認知されていました。しかし、研究の結果、男性にも起こりうる病気ということが分かりました。男性特有の症状と治療方法について紹介します。

Read More

治療する方法

更年期障害には、いくつかの治療方法が存在します。発症している症状の状態により治療方法は異なります。今回は、一般的な病院で受けることが可能な治療方法について説明します。

Read More

症状について

更年期障害は、誰にでも起こりうる病気です。女性だけでなく、男性もこの症状に悩むことがあります。しかし、症状は治療で緩和することが可能です。治療を受けて健康的な毎日を過ごしましょう。

Read More